スポンサーサイト

Posted by noriko on --. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王様のブランチ「華麗なる一族」レポ 稲森編

Posted by noriko on 24. 2007 2 comments 0 trackback
インタビュアーは出水麻衣(TBSアナウンサー)
本日はロケバス内からの放送
ロケバスなのに後ろには華麗のポスターがしっかり貼られていました

木村さんは霜降りっぽいジャケット
ダークグレーのスラックス
白地に細い黒っぽいストライプが入ったYシャツ
第一ボタンを外してカジュアルに着こなし 足を組んで座ってらっしゃるいい男、鉄平さんです

アナ「本日」
木村「はい」
アナ「ご紹介いただける 華麗なる方は」
木村「はい」
アナ「どんな方ですか?」 

木村「え~元カノ」 

(ちょっと調子に乗ってるふうに)
アナ「・・・・・・・・」
木村「元カノです」
アナ「元カノですか?」
木村「はい 元カノの」
アナ「はい?」
木村「芙佐子演じる。あ?芙佐子演じるじゃない。
  芙佐子役の え~稲森いずみさんです」
両手で紹介
アナ「よろしくお願いします!」
稲森「よろしくお願いします」 

水色のカーデガン
白いYシャツえりのブラウスの稲森さん


木村「10年ぐらい前にぃ 長~いお休みって言うタイトルのぉ えぇ
  作品でご一緒させていただいてその時にぃ 僕あの
  現場でぇ 稲やん稲やんって僕 呼ばしてもらってたんですよ」

アナ「はい」」
木村「ほんでぇ 10年ぶりにこうやってお会いして現場で
   え、稲やん元気だったぁ?って言う風に言ったらぁ
   稲やんなんて 久しぶりに フハ(笑) 呼ばれたって言う風に(笑) 」

稲森「(笑)」 
アナ「今も稲やんと?」
稲森「ええ」 
木村「稲やんは稲やんですよ」
うなずく稲森
アナ「稲森さんは木村さんの事を?」
稲森「木村君」 
木村「うん」
アナ「あのそんな稲森さんの役どころここで」
木村「ほんっとに毎回ぃ そのぉ・・僕がこうやって紹介させていただく人の事を
  勉強してきてるんですよ」
稲森さんを見ながらアナの事を説明
稲森「へぇ~~」 
アナ「稲森さん演じる 鶴田芙佐子は」
アナのとうとうと語る説明に一言一言うんうんとうなずきながら説明を聞く木村
アナ「敬介さんがよく通ってらっしゃった料亭つる乃家の 養女でいらっしゃいます」
木村「はい」目を閉じてうなずきながら説明を頭の中で確認してる風な木村
アナ「敬介さんがご贔屓にされてることもあって そこでお2人は出会い
  恋に落ち」

更に右斜め上に視線を向けながら頭の中でアナの説明を確認している木村
アナ「そして恋人同士になります
  ところが 高須相子さんが」

指で空中を指差しながら更に更に頭の中でアナの説明を難しい顔で確認しだす木村
アナ「万俵財閥の跡取りとしての 鉄平の人生を台無しにしたくないなら
   二度と会うなと ことから 身を引き 鉄平さんの前から姿を消し海外へボランティア活動に行かれる」

更に更に更に 今度は右手を動かしながら 頭に中でアナの説明を確認。面白がっている顔
木村「ほぉ~~~(笑)」感心している
アナ「ところが!つる乃家のおかみさんが」
さも自分が説明しているように口パクしたり 意味不明な動きをしながらアナの説明をおちゃらけて聞く木村
アナ「体調を壊したことから 思いがけず鉄平さんと再会を果たす
   そこで まぁ押さえていた鉄平さんのことが好きだったと言う感情が高まってくると言う」

稲森「・・・すごい・・・・・」 
アナ「ありがとうございます!」
木村「・・・すごいですよ・・・」マジな顔に戻って感心しきりの木村
パチパチパチと手を叩く稲森
アナ「いえいえいえ・・」
木村「ほんとに・・・・」
アナ「毎週見てます!」
木村「あ、ありがとう(笑)」
キャハハハハと笑う3人


ナレーション「そんな木村さんから見た稲やん演じる芙佐子とは?

木村「一話のねぇ・・・あのぉ・・あそこ
ええ、3人で会っちゃってぇ でぇ早苗さんが来て あ?お知り合い?って聞かれてぇ
  いや、先代が贔屓にしていたつる乃家って言う お店の って言った時にぃ
  稲やんがやった あのちょっと食い気味なぁ
   あ、あの芙佐子ですって言う風に・・言う、 言った感じがなんかねぇ
   めちゃくちゃデキた女って言うか」


そのシーンが流れる


木村「好きだった人が 目の前にいる 真後ろからあなたって言う
   女性が来て・・・で、え?お知り合い?って言われたことに対して(身振り手振りで説明)
   あ、芙佐子です(頭を下げる)って 言う風に 言ったねぇ
   あのねぇ 感じがねぇ 
ワオ!って言う風に・・」
稲森「何も もう 悪い意味は無いんだけど助けたって言うか 助けたというか・・」 
木村「デキる。よくデキてるんですよ」顔をクシャってしながら親指で 稲森を指しながら
稲森「フフ(笑)」 
木村「芙佐子。芙佐子

芙佐子チョーデキてる」

アナ「女として見習わせていただきたいです ちょっとそこ
   あの巻き戻しして 研究しようと思います」

木村「・・・巻き戻し?まだVHS系?(指差して)」
アナ「・・・・はい・・・」
木村「ほんとうに?(笑)・・・ほ、ほんとうに?」
アナ「はい。・・あぁ・・」
木村「シュゥ~~ンって言ってる?」
アナ「はい」
木村「シュ~~ン からシュウンワンワンワン ガ!って止まる?」
アナ「(笑)はい!」
木村「あぁ。。。。。。。」
稲森「ふぅ~ん・・・・」 
アナ「脱線しちゃいましたが」
木村「いえ全然脱線してないよ。大事なところだよ!」
アナ「フフフ(笑)」

ナレーション「それでは稲森さんから見た木村さん演じる鉄平は?」

稲森「むちゃくちゃ カッコイイですね」

ゆっくりピースサインを出す木村

稲森「やっぱり。 アッハハハ(笑)」  

稲森「優しいから・・素直で誠実だからこそ
   もうなんていうんだろう?・・・心配って言うか・・
   どうなっちゃうのか心配って言うのがあってぇ
    もうだからもう最後まで?心配です」

木村 嬉しそうに アナに自慢しているようにゆっくりピースサインを出す 

芙佐子との予告シーンが流れる

ナレーション「2人の関係が気になる今後の華麗なる一族ですが」

木村「お話が・・・うん・・・
   進んでいくぅ・・うちにですねぇ 
   たぶんこの2ショットがぁ また違う2ショットにぃ
   たぶん視聴者のみなさんには 受け取られるんじゃないかなぁ?とは・・えぇ・・・」

アナ「へぇ・・意味深ですねぇ?」

木村「そりゃ意味深だよぉ!(笑)

ここで全部言っちゃったらどーすんだよ!(笑)

  意味深で終わらしてくれ!(笑)」


アナ「(笑)はい」

予告が流れる



木村「そうですね 撮影の方は順調に
   順調にと言うか・・え。あのぉ相変わらず タフなスケジュールで
   え~させていただいてますが
   え~、みんなのお手元に届くときには え~そのギザギザした部分が え~凄く
   スン(鼻の音)美しく・・えぇ・・ま、まとめられて 届くと思うんで
   届いた際にはあの 毎度毎度言ってますけど
   是非受け取ってください。
   あとあのこの場を借りて かなり、 かなりあのぉ・・遅くなったんですけど
   えぇ谷原さんおめでとうございます!
   えぇ あのぉこれからは あのぉ パートナーが大変になっていくと思うんで
   えぇパートナーのフォローを しっかりして ほしいなと思います」



え?後三回だよ
3月18日が最終回です
後3回で・・・・
はぁ・・・原作読んでても気が重い
でも もう腹決めましたから!
もやもやも悔しさも悲しみも楽しませていただきますよd(o^v^o)b
2007.02.26 20:47 | URL | noriko #0iyVDi8M [edit]
おっは~♪
ありがとう。。
懐かしいね、「長い休み」、、
そこでの稲やんは、、
軽い感じのモデル、、それが定着しているのよ。

最近、思い女の人の役もできるようになった。

後2回かな?楽しみだわ。
2007.02.26 09:18 | URL | あず #6fyJxoAE [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nori1113.blog40.fc2.com/tb.php/471-2bf54a63

MENU



↓初回限定版  


↓通常版  




カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

noriko

Author:noriko
気まぐれでいざという時にヘマをして小心者だけど開き直ると強い子です。楽しいことを見つけるのが超得意

ブログ検索

携帯URL

携帯からのアクセスはコチラです

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。