スポンサーサイト

Posted by noriko on --. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の感想

Posted by noriko on 07. 2009 0 comments


ものすごくネタバレです

ものすごいです
なので映画をまだ見ていない人は 読まないほうがいいです


そしてこれは あたし個人が1回みただけで感じたことなので
当然他の人とは違うと思います




まぁ 個人ブログだからあたしの感想を書いてしまおうかなって言うことで

読まれて不快に思う方もたくさんたくさんいらっしゃると思いますけど
先に謝っておきます
ごめんなさい


お怒りのコメントは もらいたくありません

書き逃げすすすっ(((( √(((√‥;)√逃げるが勝ち!







ネタバレなので下に隠します






考えてみる・・・。

あたしは何を感じることが出来たんだろうか・・?

って考えてみた





3人の男たち

この3人の男たちが軸

まずジョシュ

彼は刑事だった
刑事をするぐらいだから正義感にあふれていたんだろうと思われる
人の体を生きたまま切り刻んでその体を使って
作品を作る という異常な性格の犯人を捕まえようと翻弄する
なかなか捕まえられない犯人を捕らえるために
犯人と同調しようとする
ここまでしようとするんだから
とっても真面目で正義感が溢れていたんだろう?って思われる

そして 同調した結果 犯人は捕まえられたんだけれども
自分も犯人と同じ快感
体感をするようになってしまった
死体で作った作品を 美しい と感じてしまったんだろうと思う
犯人に 美しいだろ?って聞かれても決して答えなかったけれども

狂気 だよねぇ?
異常者になってしまった自分
でも 本当の異常者は 自分が異常だって気付かないと思うんだけど
彼は そんな風に感じてしまう自分に苦しんでいた
いっそ死んでしまいたいと思い
入院先の精神科で自殺未遂を起こすんだもんねぇ?

それから刑事を辞めて 探偵になる

浮気調査をすると 浮気をする妻に惹かれてしまう

感受性がとっても強い人なんだろうねぇ
そして真面目だって言う証拠でもある
調査相手の妻が浮気すると嫉妬するって言ってたもんねぇ

人に同調しやすい性格なんだろうねぇ



シタオの捜索を依頼されて
シタオにも惹かれてしまったんだと思う
そして傷・・
狂人の犯人と同化してしまったために 傷ついた人間の体を
美しい と感じてしまっているわけだから

だからなおさらシタオに興味を持ってしまったって言うことだと思う

そんな自分に苦悩する男の苦しみが 美しい って表現されているんだと思う

ジョシュの映画ってみたことないんだけど
WSとかみても 全然カッコイイとか思わなかったけど

へ~ 可愛い人なんだなぁって思った
スゲーなぁ やっぱハリウッド役者は芝居が上手い!!
って関心しきり
肉体も美しいんだけど
あたしムキムキは好きなんだけど
あたしが好きなのは拓哉のムキムキなんで
どんなにムキムキでも ひかれないなぁ・あたしには・・


そして ビョンホン
彼女に執着している
異常なまでに・・・
その女は ジャンキーで どーしょもない女で・・
毎日ただただベッドに寝そべって薬で飛んでいるだけってことなのかなぁ?
だからこそ よけい彼女に執着して いとおしく思うんだと思う・・
強い男は弱い女に惹かれるものだから・・。
非情なやくざだけれども ヤクザの世界ではたぶんトップに君臨している男だと思う
正常な世界では卑劣な男かもしれないけど
そっちの世界ではきっと絶大な力を持っている成功者なんだろうと思う
そういう男ほど ああいう手間のかかる
もろくて捕まえていないとどっか行ってしまうような相手に惹かれてしまうのかも。。。


ビョンホンのムキムキな体にはあたしはムラムラこないけれども
なんせあたし ハーレークインにいくら使ったかわからないくらい
恋愛ものが好きなヤツなので
このビョンホンの役が実は一番好き
好きで好きでたまらない って言うより
執着なんだよ
これも異常なくらい
つよがる人間ほど 実は心の中は弱いもの
その弱さを隠すために つよがってみせるものよ 人って
とんじゃってる彼女を抱きしめている って言うか
すがり付いてるみたいにも見えるビョンホンの姿は
切なくて色っぽかったなぁ・・・
これはビョンホンファンはたまらんだろ?って思った


彼女がシタオのところから帰ってきたときのあの姿!

どーしていいかわからない
オタオタして
オロオロして・・
可愛かったぁ~

そしてあの後ろからの抱きしめ方!

も== 切なくなるくらい・・

これも ファンにはたまらんだろう って思った
ビョンホン やっぱ上手いわ・・・。って
あの切なげな目!
ラブシーンのエロさ?上手さ?

凄いなぁ・・・

ただ・・残念なことにあたしは ビョンホンファンにはならないけど
ファンの人の気持ちは十分わかったわ・・。

たしかに あの異常なまでに一人の女に執着していく男の美しさなんだろうなぁ


そして 拓哉
シタオ

あたし この映画を楽しめたかって聞かれたら
楽しめなかった・・。
感じることは出来たけど 楽しめなかった

あたしの中の楽しむって言う定義は
先がどうなるか ワクワクする とか
楽しい気持ちになる
優しい気持ちになる
和む
うっとりする
などなどなんだよ
この手のお話は あたしの定義には入っていないの
(でも この楽しむ定義って人によってちがうよね)

だから途中から 楽しむって言うより
役者を見る
芝居を見る って感じになっちゃったんだよねぇ



シタオ

親とはモニターで会話するようになってしまった
たしか ここ10年 とか言ってなかったっけ?(記憶違いか?)

父親は 世界的な製薬会社の社長
成功者の忙しい親だから普通の親子としての触れ合いもなかったろうし
母親は途中亡くなったのかなぁ?
本当は愛情がある父親なんだよ
息子に求められるままにお金を出すような
息子を探してくれって依頼するような
でも きっと不器用な父親なんだよ
愛ゆえに厳しくしたんだろうと思うし
ただただ不器用な親なんだよ 多分・・。
父と子の断絶
ここから想像するに シタオも純粋で真面目な子だったんだろうねぇ。
純粋で真面目だから親が許せなかったんだろうし
傷ついたんだろうと思う

そして失踪・・

そこで貧しく 傷ついている子供に出会う
自分に出来ることは何か?と考えるシタオ
そして孤児院を作る

子供からたぶん慕われたんだろうし
愛情も受けたんだよ
子供のストレートな愛に触れたんだと思う
子供はストレートに好きって言う感情を表すから
そこで必要とされたんだよ

シタオの能力は・・一度殺されたことにより起こったことなのかなぁ?ってあたしは思ったんだけど
あの山に埋められたときから起こったんじゃないのかって
それとももともとそうだったんだろうか?
製薬会社だからなぁ・・親・・・
う=ん
そこが分からなかったけど・・。

人の傷を自分の体に移動させることに人を救うことが出来るシタオ

その力を使って 人を救おうとする

人の苦しみを自分が受け止める・・・。

だから悲しい・・
だから むなしい・・・
だから 苦しい・・
体も心も・・。


体の傷だけではなく 心の中も きっと見えてしまうんだと思うんだよ
感じてしまうんだと思う
ビョンホンの気持ちを
弱さを 脆さ感じてたものねぇ?シタオは

人は浅ましく醜い・・。

それを感じてあの無気力な表情になるんだと思う
悲しさ と むなしさ
苦しみを抱えるシタオ・・。





いや・・違うかもしれない・・・
シタオは 人の体の傷を治すことしか出来ないんだよ
傷つかなくていいようには出来ない・・
戦争を無くすことも出来ないし
飢えないようにすることも出来ない
傷つかないようには出来ない・・

だからせめて 傷だけでも治したい
たとえそれでどんなに自分が苦しくても・・・


それしか出来ない自分の無力が悲しいのかもしれない・・。



 

青年役って聞いて 青年?
青年になるんだろうか?って映画を見る前不安だったけど
見事に青年だった

迷子になった子供 みたいな
純朴な子供 みたいな・・・。


拓哉の芝居が好き
たまらなく好き

でも この映画のシタオみたいな役をする拓哉は
見たことないから・・
あたしの想像の上を行く芝居をしてきた って思った


でもごめん!
芝居以外で
ところどころ ドキってしちゃうのよ


きゃん カッコイイ~

とか

キャン 可愛い~ とか

全然映画の筋から外れちゃって
拓哉って見ちゃうの

ごめん、だって拓哉のビジュアルはあたしの好みど真ん中だから
しょーがないの
あたしの本能が反応してしまうんだもの・・。


拓哉の裸は好きなんだけど
あの裸のシーンの体にはなんの色気も感じません
あたしが感じるのは 拓哉が どーだ!ってフェロモン出して
見せるときだから

拓哉の伝えたい心を素直に受け取るのが好きなんだよ 

どうだ! って言うのがないときは
いくら裸を見せられてもなんとも来ないんだよ

だから 裸祭り とは感じなかったけど


それと 拓哉の裸をみて

あら・・?いつもより細い?
なんか 全然ムキムキしてない
チッ!残念・・・って映画を見る前は思ったけど


あれは青年役だから
大人の男の体に見えないように
華奢な感じにしたのかもって思った

たしかにあの体は 青年の体だもの・・。

そうだとしたら 拓哉スゲー




ビョンホンの女を看病するときの グリーンのトレーナーにジーンズの拓哉が映ったときには

きゃん♪

ってなってしまった

だってその前のシーンが長いんだもん・・・
血だらけだったり 残酷すぎて
そういうの 嫌いなんだもん・・。
痛いのは嫌・・・
あたしまで痛くなる・・
残酷なのや嫌・・・
目を背けたくなる・・

そんな中に現われたシタオ

地獄に舞い降りた天使 みたいな感じ
だって 神の力だから・・。

きっと 本当の神様の姿って
素朴で無垢なんだよ
ビカビカの金色じゃないんだよ
神のオーラとかしょってないんだよ

インディージョーンズで出てきた聖杯が
木で出来た素朴な杯だったみたいに

シタオはそんな感じだった

まるでボロボロの木で出来た聖杯 みたいだった・・。



ジャンキーな女を癒すシタオには まるで性欲とか
男と女とかないんだよ
無垢な青年 って感じで

でも ビョンホンの元に帰ったいった彼女が
そんなシタオに惹かれて再び戻ってきた時
草むらで無邪気に微笑む彼女をみて
シタオは初めて 彼女に救われたんだと思う

体が傷ついて 苦しんでいたときに
ただ抱きしめられて
女の熱を与えられて
母親に抱きしめられているみたいで
苦しんで 張り詰めていたシタオの心が癒されたんだと思う・・

そして惹かれたんだと思う

それが 毛布に包まって彼女を見ていたときの
シタオの ふっと笑った笑顔だったんだよねぇ・・・
泣き笑いみたいな笑顔・・。
心がとけていくみたいな表情・・

だってあの場面だけだったと思うもの
シタオが微笑んだのは・・。

女を癒すためにしていたときの腕枕とは 違う意味の
腕枕だったと思うんだよねぇ・・


彼女を取り戻すためにシタオを撃って
その後シタオが

僕を恐れないで

って言ったときのビョンホンの表情!
狂気な男が子供にも戻ったときみたいな表情・・

拓哉の 表情!(説明できない・・)



う~~ん・・スゲェ・・。


そして最後 やっとジョシュがシタオを探し当てて

おとうさんの依頼で探しにきた って聞いたときの
シタオの表情・・・


「お父さん・・」って・・・





う~ん・・・


なるほど

この映画は

3人の男の 苦悩
苦悩する姿の美しさ

そして 3人の芝居の上手さ

に尽きるんだな・・。





それは分かったけどぉ
ほとんどセリフがなくて
ただただ役者の表情 
演技を見て
見た人が 自分でこの映画を感じなきゃいけなくて
理解しなきゃいけない映画だったんだけれどもぉ

それが面白い って言っちゃ 面白いのかもしれないけど・・
でも

いったい監督は それで何が言いたかったわけ・・・?


見終わった後


・・・で・・・??


って思ったんだけれども・・。



途中 ガンマニアって言うかぁ

ピストルを見て興奮するカップルが出てくるじゃん?

「握らせて・・・」

とか・・


ピストルの弾で体をなぞられて

「9ミリ・・・」

とか・・・

あはははははははヾ(@゚▽゚@)ノ\(><@)ノ彡☆ばんばん!

どんな変態映画だよ!!
あたし そこで噴出しちゃったんだけど

まぁヲタって言うのは分からんでもない


あの場面みながらあたし 想像しちゃったもの



これも変態だけど あたしだったら 9ミリ・・あん・・じゃなくて



「・・・(拓哉の)手・・・ はぁ~ん」

「・・・・(拓哉の)血管・・ あぁ~ん」


「・・・・(拓哉の)胸・・・あ・・・ん・・」


ってなるかも?って(笑)








で、さぁ・・
これって2回目みたら 好きになったりするわけ?
血になれちゃって もっと平気になったりするのかなぁ??

さらにもっと深い意味があるのかなぁ?





Category :SMAP


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

MENU



↓初回限定版  


↓通常版  




カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

noriko

Author:noriko
気まぐれでいざという時にヘマをして小心者だけど開き直ると強い子です。楽しいことを見つけるのが超得意

ブログ検索

携帯URL

携帯からのアクセスはコチラです

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。